歯周病治療・予防ケア

歯周病についてしっかり理解しましょう

歯周病は生活習慣病のひとつと考えられています。直接の原因は歯周病菌などの細菌ですが、喫煙や不摂生、ストレスなどの生活習慣も歯周病の感染リスクを高めるといわれています。さまざまな要因とともに、口腔ケアが不十分なことによりプラーク(歯垢)や歯石がたまっていると、その中に含まれる細菌により歯茎が炎症を起こし始め、歯を支えるあごの骨まで溶かし、やがては歯が抜け落ちてしまうことにつながる怖い病気が歯周病です。

成人の約8割が歯周病予備軍です

歯周病は日本の成人の約8割がすでにかかっているか、またはその予備軍といわれるほど蔓延しています。虫歯同様、初期の段階では自覚症状がほとんどないので、「歯茎からの出血がある」「歯がグラグラする」「口臭がきつい」などの症状が現れたときには、すでにかなり進行してしまっていることが多い病気です。歯を失う原因の第一位は歯周病といわれています。


歯周病を招きやすい生活習慣
たばこを吸っている
たばこの煙に含まれる有害物質が粘膜から吸収され歯周病のリスクを高めます
疲労やストレスがたまっている
免疫力が低下することにより歯周病を含むあらゆる感染症にかかりやすくなります

よく咬まずに食べてしまう
よく咬まないと唾液の分泌量が低下するため、口腔内の自浄作用が低減します
間食が多い
長時間口腔内に食べ物があると細菌が繁殖しやすい状態が長引きます

全身に影響を与える歯周病

歯周病は口腔内だけの病気と思われがちですが、実は全身疾患とも関連があるといわれています。また、歯周病によって歯がグラついたり抜け落ちたりすることで咬み合わせのバランスがくずれてしまうと、全身のバランスにも影響するのです。

歯周病による全身への影響
歯周病菌による影響
  • 歯周病菌が血管に入ると血栓のリスクが高まり、動脈硬化や脳梗塞などの原因となることがあります
  • 歯周病菌が気管から肺に入り込むと肺炎を起こすことがあります
歯周病による咬み合わせの乱れによる影響
  • 咬み合わせが乱れることで、あごや首の筋肉が緊張し、頭痛や肩こりを起こすことがあります
  • 全身のバランスがくずれ、姿勢の悪化、手足のしびれなどの原因になることもあります

今すぐ歯周病リスクのチェックを

歯周病は、自覚症状なしに進行してしまう怖い病気です。あなたに歯周病のサインがないかまずはチェックしてみてください。

歯周病チェックリスト
起床時、口の中がネバネバする
口臭が強くなった
ブラッシングのとき、歯茎から出血することがある
歯茎が赤黒く腫れている
最近、歯茎が下がって、歯が伸びたように見える
冷たい物がしみる
歯茎がブヨブヨと腫れている
歯茎を押すと血や膿が出る
硬い物を咬むと痛みがある
歯がグラグラする
歯と歯の間に物がよくはさまり、歯のすき間が広くなってきた

歯周外科治療「再生療法」にも対応しています

歯周病が進行すると歯ぐきが痩せて後退してきます。歯ぐきが下がって根っこまで露出すると、治療をあきらめてしまう方も多いのですが、歯周外科治療によって歯肉や顎の骨を回復させる再生療法という方法があります。外科的な処置をともなうため、患者さまによっては適用できないケースもありますので、ご希望の方はお気軽におたずねください。

・再生療法 150,000円(税抜)

歯周病や虫歯は予防できる病気です

「治療」よりも「予防」を

これまで歯科医院に行くのは、虫歯や歯周病の治療のためでした。しかし虫歯になってしまったあとの「治療」は、虫歯を削りそこに詰め物・被せ物をすることであり、歯を元通りにはできません。治療は虫歯の進行を止めるために必要ですが、同時に歯の寿命を縮めてしまう第一歩でもあるのです。

虫歯や歯周病はその原因がわかっているため、「予防」が可能な病気です。その予防のためには毎日の適切なセルフケアが欠かせません。そのためのアドバイスをするのは歯科医院の役割のひとつです。「治療」よりも「予防」に力を入れることで、病気や治療の「痛み」を感じずに済みます。また歯の寿命を延ばすことにもつながるのです。

定期検診をお勧めしています

口腔内のトラブル「予防」のためにお勧めしているのが年4回の定期検診です。毎日の適切なブラッシングでも落としきれない口腔内の汚れを落とすことは、口腔内のトラブル予防に大きく貢献します。また、もし虫歯や歯周病にかかってしまっていたとしても、早期発見・早期治療につながります。

予防ケアは歯科衛生士にお任せください

かばちゃん

当院では担当衛生士制を採用し、一人の患者さまに専任の歯科衛生士がつきます。歯科衛生士は口腔ケアのプロフェッショナルですので、いつも同じ衛生士が口腔内を診ることで、少しの変化も見逃しません。そして口腔内のトラブルの早期発見・早期治療へとつなげていきます。

また、予防で大切なのは、専門器具を用いた歯のクリーニングです。口腔内の汚れを徹底的に除去できるので、虫歯や歯周病予防にとても効果的です。痛みもなく、口腔内がサッパリしますので、定期検診と合わせて受けることをお勧めします。

予防方法のご紹介

ブラッシング指導

歯の生え方など口腔内の状態は人それぞれで異なります。口腔衛生のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの口腔内の状態をチェックし、毎日のブラッシングで汚れが落ちていない部分を観察し、一人ひとりの患者さまに合ったブラッシング法をアドバイスします。


フッ素塗布

歯質を強くする効果があるといわれているフッ素を歯の表面に塗布することによる虫歯予防の処置です。フッ素塗布により歯の再石灰化が促されるので、ごく初期の虫歯の改善も期待できます。


PMTC

PMTCとはプロフェッショナル、メカニカル、トゥース、クリーニングの略で、口腔衛生のプロが専用器具を使って行う歯のクリーニングのことです。ふだんのブラッシングでは落としにくい歯と歯の間や歯と歯茎の溝のプラークや歯石をクリーニングすることで、虫歯や歯周病の予防に効果を発揮します。


スケーリング・SRP

スケーリングとは口腔衛生のプロフェッショナルがスケーラーという器具を用いて歯石を取り除くことです。歯石の中にはたくさんの細菌が潜んでいますので、定期的に除去することが口腔内のトラブル予防につながります。

SRP(ルートプレーニング)は、スケーラーでは落としきれないプラークや歯石をキュレットと呼ばれる器具で除去することです。当院では歯科衛生士が歯科用拡大鏡(3~6倍に拡大可能)を用いて精密な作業を行いますので、歯石を取り残したり、削り過ぎて歯を傷つけたりする心配がありません。他院で痛い思いをなさった患者さまも当院の施術には大変ご満足いただいています。

ナノトリートメント

圧縮した空気を噴射して水とクリーニング用のパウダーを吹き付けて、歯面に付着している着色汚れ(ステイン)や歯周ポケットに溜まったプラークを除去する、エアーフローという処置を行います。物理的な処置ではないので、従来の方法に比べて歯や歯ぐきを傷つけにくい点がメリットです。

なお、エアーフロー後には仕上げとして、歯の再石灰化を促すためのアパタイト塗布や、歯肉の健康維持に効果的なガムマッサージを行います。

・ナノトリートメント(60分間) 10,000円(税別)