小児歯科

虫歯について正しく理解しましょう

子供の歯である乳歯は、永久歯に比べ表面の硬いエナメル質が薄く、やわらかいため虫歯にかかりやすく、そして一旦かかってしまうとその進行速度が速いのが特徴です。乳歯が虫歯になっても生え替わるから――との油断は禁物です。大切な永久歯に悪影響を与えてしまいます。お子さまは自分ではなかなか口腔ケアはできません。つまり、お子さまの歯の健康を守るカギは親御さまが握っているといえます。

子供の虫歯の原因

生まれたての赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しません。虫歯菌は、乳歯が生えてきた頃から3歳くらいの間に唾液を介して親御さまからお子さまに感染することがほとんどです。そしてお子さまと過ごす時間が一番長い母親から感染することが多いので、「虫歯は母子感染する」といわれています。

3歳くらいまで、虫歯菌の感染を防ぐことができれば、それ以降は虫歯になりにくいという調査結果があります。そのため、お子さまを虫歯から守るためには虫歯菌の感染をできるだけ遅らせることが大切です。親御さまからの虫歯菌の感染を防ぐために、ご家族みんなで虫歯予防に努めていただくことをお勧めします。虫歯や歯周病がある場合はなるべく早く治療し、定期検診を積極的に受けPMTCなどで口腔衛生に心がけ、ご家族で虫歯菌を減らしましょう。

お子さまへの虫歯菌の感染を防ぐために
  • 食べ物の口移しはやめましょう
  • 赤ちゃん(お子さま)用のスプーン、箸、お皿、カップなどを用意しましょう
  • 赤ちゃん(お子さま)のお口や手へのキスで虫歯菌を移さないような注意が必要です
  • 家族みんなで口腔内の健康に留意しましょう

お子さまの虫歯を予防するには

大切なお子さまの口腔内の健康や身体の発育成長のためには、虫歯になってからの「治療」より、病気にかかる前の「予防」が効果的です。子供の歯は、生後約6~7ヶ月後に下の前歯から生え始めますので、歯が生えたら、すぐにブラッシングをスタートしましょう。虫歯予防のための処置もさまざまありますので、歯が生えたらまずは一度ご来院ください。

虫歯になりやすい条件とは

一般的に虫歯になりやすいのは、下の4つの条件がそろっているときです。

  • 口腔内の虫歯菌の数が多い
  • 歯質が弱く唾液の量が少ない
  • 「ダラダラ食べる」「甘い物をよく摂る」など糖分が口腔内に残っている時間が長い
  • 食後のブラッシングや口ゆすぎの習慣がない

虫歯になりにくい生活習慣のご提案としては、食事やおやつは規則正しく時間を決めて摂り、よく咬んで食べ、食べたらブラッシングや口ゆすぎをして、口腔内が清潔な時間をなるべく長く保つことが挙げられます。

小児歯科の虫歯予防メニュー
ブラッシング指導

お子さまの歯の生え方や年齢に応じたブラッシング方法のアドバイスを差し上げます。また親御さまの仕上げみがきのコツもお伝えします。


フッ素塗布

歯質を強化し虫歯の原因となる酸に対する抵抗力を高める効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。定期的なフッ素塗布をお勧めします。


シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝を、あらかじめ歯科用プラスチックで塞ぐ処置をシーラントといいます。やわらかい乳歯や生えたての永久歯の虫歯予防に効果的です。


マタニティ歯科について

妊娠すると身体にさまざまな変化が現れます。口腔内も同じです。女性ホルモンの増加や嗜好の変化、「つわり」などにより、口腔内は虫歯や歯周病になりやすい環境になります。妊婦さんがかかりやすい口腔内の病気に妊娠性歯周炎がありますが、これはお腹の赤ちゃんにも悪影響を与えることがあるので注意が必要です。

また、子供の乳歯は胎生期7~10週目から形成を開始するといわれています。そのため、妊娠中から生活習慣に気配り、母子の健康(歯の健康を含む)に留意することが大切です。当院では妊娠中の歯の治療についてご案内していますので、お気軽にご相談ください。