入れ歯治療

ぴったり合った入れ歯でお悩みを解消しましょう

入れ歯が合わなくなった……
ズレて痛い……

このように入れ歯で悩まれている方は多いようです。原因としては、入れ歯を作ったときにサイズや形が口腔内と合っていなかったケースや、長年の使用によって咬み合わせがずれてしまったケースなどが考えられます。入れ歯に不満があってもそのまま我慢して使われている方もいらっしゃいますが、調整や作り直しでお悩みは解消できます。

Pick Up 入れ歯を使うと骨がやせる?
入れ歯は歯がない部分を補います。歯がないため歯肉の下にあるあごの骨に刺激が伝わりにくいので、骨の形が変わりやせていくことがほとんどです。そのため口腔内が時間とともに変化するので、当初はぴったり合っていて快適だった入れ歯もだんだん合わなくなることがあります。また入れ歯の摩耗によっても咬み合わせが変化し、合わなくなることもあるのです。

合わない入れ歯でガマンしないでください

合わない入れ歯をガマンして使っていると、歯肉に強く当たっている部分に炎症を起こすことがあります。痛みが増し、お食事を楽しむことができないだけでなく、食べ物をうまく咬み砕くことができなくなります。すると消化器官にも負担がかかってしまうことにつながり、身体の健康にも影響することがあるのです。

合わなくなった入れ歯や合わない入れ歯をガマンして使うのではなく、お早めに歯科医院に相談されることをお勧めします。

入れ歯を安定させるポイント

入れ歯が安定しない理由のひとつには正確な型取りができていないことが挙げられます。ぴったり合った入れ歯をつくるためには、舌の動き、筋肉の動きなどを考慮した型採りが必要です。また咬み合わせが悪いと咬むたびに偏った力が加わり、入れ歯が外れやすくなりますので咬み合わせを整えることも重要となります。

この型採りと咬み合わせに注意すれば、保険診療・自費診療にかかわらず、快適に使える入れ歯をつくることができるはずです。当院では、患者さまの使い心地を第一に考え、できるだけぴったり合った入れ歯をつくっていますので、入れ歯でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

歯磨き粉で磨かないでください

口の中に装着する入れ歯は、毎日のお手入れによって清潔に保つことが大切です。お手入れの際は、入れ歯専用のブラシと洗浄剤を使用しましょう。歯をみがくときに使う歯磨き粉は使用しないでください。歯磨き粉には研磨剤が含まれていますので、その研磨剤が入れ歯に細かい傷をつけてしまい、そこが細菌やカビの温床となってしまうリスクがあります。

入れ歯の正しいお手入れや管理の仕方は、かならず歯科医院の指示に従いましょう。

保険と自費治療の入れ歯の違い

  自費診療の入れ歯 保険診療の入れ歯
見た目
素材 金属、シリコンなどいろいろな素材を選択できます レジン(歯科用プラスチック)のみです。部分入れ歯の場合はバネ(クラスプ)がつきます
費用 比較的高額です 比較的安価です
特徴
  • 見た目が自然です
  • よく咬めます
  • 入れ歯の素材により食べ物の温度を感じやすくできます
  • 見修理に時間がかかります
  • 入れ歯だと気づかれやすい見た目です
  • 咀嚼しにくいことがあります
  • 食べ物の温度は感じにくいといえます
  • 修理しやすい素材です
耐久性 高めです 低めです
製作期間 種類によって異なりますが、約2~3ヶ月です 約1ヶ月です

落ちない入れ歯「吸着義歯」

吸着義歯は、治療用義歯を患者さまに装着していただき、ぴったりフィットして吸着作用が得られるようになるまで1~2ヶ月にわたり数回の改造を行ってからその治療用義歯を複製し、特殊製法によって高密度・高強度の入れ歯をつくる方法です。

患者さまの口の中で調和し、吸着する形ですので、はずれにくく痛みもでません。また特殊製法でつくる入れ歯は、製作過程での変形がほとんどなく、汚れがつきにくく、色あせも起こりにくいうえに、耐久性に優れています。

特殊な製法の自費診療の入れ歯です

メリット
  • 患者さまの口にぴったり合った入れ歯がつくれます
デメリット
  • 治療開始から最終義歯装着までに時間が長くかかります
  • 特殊製法のため比較的高額です
  • 綿密な治療にもかかわらず吸着が厳しい場合はシリコンデンチャーをご提案することもあります

保険外治療参考料金

入れ歯
金属床義歯 600,000円(片顎)
マグネット維持装置 1装置につき100,000円(片顎)
吸着義歯 300,000円(片顎)
吸着義歯(金属床) 600,000円(片顎)