一般歯科治療

虫歯について正しく理解しましょう

日本の成人の約9割が経験したことがあるといわれている虫歯は、口腔内に溜まったプラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌(ミュータンス菌など)が糖分を分解して酸を出し、その酸が歯を溶かす病気です。食べカスなどが口腔内に残っている状態が長く続くと、虫歯菌が活動し始め虫歯が進行していくリスクが高まります。

痛みを感じたら虫歯が進行しています

虫歯のごく初期段階では、歯の表面の硬いエナメル質のミネラル分が溶かされる「脱灰(だっかい)」が起こります。歯が白く濁るような状態ですが、痛みなどの自覚症状はありません。この状態の場合、正しいブラッシングやプラークや歯石除去などにより、「再石灰化」を促すことができれば虫歯は改善します。

しかしこの段階を過ぎると、虫歯はどんどん悪化し自然治癒することはありません。しばらくすると痛みなどの自覚症状が現れますが、この段階では虫歯部分を削って詰め物・被せ物をする治療が必要となります。虫歯の進行を止めるために大切な治療ですが、これをくり返すと歯はますます削られていくことになります。そうならないためには、虫歯を予防するとともに早期発見・早期治療が大切です。

虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状 治療法
C0:脱灰
歯の表面に脱灰が起こり白く濁っている状態です。まだ「痛み」などの自覚症状はありません。
  • 適切なブラッシングのための指導を行います
  • プラークを除去します
  • フッ素塗布により歯質の強化を図ります
C1:エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶け出し、歯が黒ずみ、穴があき始めます。冷たい物が「しみる」ことはありますが、「痛み」はまだでません。
  • 虫歯部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)で詰めます
C2:象牙質の虫歯
虫歯がエナメル質の内側にある象牙質にまで進行した状態です。冷たい物や甘い物が「しみる」ようになり、ときどき「痛む」こともあります。
  • 虫歯部分を削り、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)で補います
C3:神経にまで達した虫歯
虫歯が歯の神経にまで達した状態です。なにもしなくてもズキズキと激しく痛むことがあり、歯茎が大きく腫れることもあります。
  • 歯の神経を取り除いたあと、その内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、その上に被せ物を装着します
C4:歯根にまで達した虫歯
歯の大部分が溶かされ虫歯が歯根にまで達した状態です。神経はすでに死んでいるので痛みはいったんなくなりますが、歯根の先に膿がたまると再び激しく痛みます。
  • 根管治療ができないほど悪化している場合は、抜歯をして入れ歯治療、ブリッジ治療、またはインプラント治療を行って失った歯の機能を補います
ダイアグノデントによる削らない検査

ダイアグノデントとは、レーザー光を用いたデジタル虫歯診断機器です。これにより歯と歯の隣接面などの目視できない部分の虫歯も発見できます。また入口は小さくその奥にしずく状に広がっている虫歯も検知可能。歯質へのダメージを与えることなく正確な虫歯診断を行えます。

当院では、このダイアグノデントを活用して、より正確に虫歯を診断し、歯質に過剰なダメージを与えないような虫歯治療に役立てています。

虫歯は放置しないでください

虫歯はごく初期の段階を除いて、どんどん進行し自然治癒しない病気です。そして時間が経てば経つほど進行していきます。早い段階で治療ができれば歯を削る量も少なくて済みますが、悪化させてしまうと治療も複雑になり、時間もかかり、治療費もかさんでしまいます。少しでも口腔内の変化に気づいたら、放置せずなるべく早く歯科医院で診察してもらうことが大切です。たとえば、詰め物を入れても経年劣化によりすき間ができ、そこから菌が入って虫歯になることもあります。

生涯にわたりご自分の歯で食事ができるように、口腔内の変化に敏感になるとともに、定期検診を活用して、虫歯や歯周病といった口腔内のトラブルの予防や早期発見・早期治療につなげてください。

重度の虫歯は根管治療で治します

歯の神経にまで達してしまった虫歯は、以前は抜歯となることがほとんどでした。抜歯をしてそのまま放置すると、歯並びが乱れ咬み合わせに悪影響を与える可能性が高まりますので、今ではなるべく歯を残すことが推奨されています。歯科医療の進化に伴い「根管治療」が可能となった今、歯の根だけでも残すことが大切だと考えられています。根管治療とは、歯の神経や血管が入っている根管という細い管の中から、虫歯になってしまった組織(神経や血管など)を取り除き、内部を洗浄・滅菌・消毒し、薬剤を詰める治療です。根管治療で歯の根を残し、その上に被せ物をすることで歯の機能を回復します。


PICK UP 神経をとると、歯の痛みがなくなる?
根管治療を行うと歯を残すことはできますが、神経をとることになります。神経をとると痛みを感じなくなり、虫歯になっても痛みがないまま進行していきます。ある程度まで進行すると、せっかく残せた歯を抜歯しなければならなくなるので、そうならないためにも治療後には定期検診をおすすめします。
根管治療とマイクロスコープ

根管治療において大切なことは虫歯にかかってしまった部分をしっかり取り除き、洗浄・殺菌し、薬剤を充填し細菌を残さないことです。この作業のどの部分が不十分でも「根尖病巣(こんせんびょうそう):根管の先の部分に膿が溜まること」につながってしまいます。根管はとても細く曲がりくねっているため、この一連の作業を行うことは容易ではありません。一般的にこれまでは肉眼で行う治療だったため、術者の「勘」や「経験」が頼りの治療でした。

しかし、治療部位を拡大することができる歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することで、勘に頼ることなく、患部をしっかり確認しながら治療を進めることが可能となりました。当院では根管治療にマイクロスコープを活用することにより、より安全で確実な診療に役立てています。


防湿処理ラバーダム:ZOO

当院では根管治療に防湿処理ラバーダムとZOOを使用しています。

ラバーダム

治療部分のみを露出し作業することにより、唾液による歯根部分への汚染を防ぎ、粘膜や舌を作業中に誤って傷つけないようにするためのシートです。根管治療においてとても大切なのは、根管を無菌にすることですので、このラバーダムの使用により、治療の成功率が大幅に高まります。

ZOO

唾液を吸引し、湿気がほとんどない条件で歯科治療を行えるようにするための吸引・防湿器具です。ラバーダムと併用することで、理想的な治療環境を実現できます。

治療を中断するリスク

通院回数が多くなるとその途中で治療を中断してしまう方がいらっしゃいます。しかし、この治療の中断は口腔内の健康にとっては大きなマイナスです。とくに根管治療の場合は、もともと抜歯寸前の歯です。治療中は細菌に汚染されやすく、汚染されてしまうとその進行は一気に加速し結局は抜歯を余儀なくされてしまうことになりかねません。治療は中断せず、最後まで受けることが大切です。

ほかに途中で通院をやめてしまう可能性があるのは、仮歯が入った段階で痛みがない場合です。仮歯はあくまで「仮の歯」。見た目は白くてしっかり咬めるように感じますが、耐久性がありません。そのまま使い続けて外れたり、ひび割れたりしてしまうと、せっかく残っている歯に悪影響を与え、虫歯などが再発してしまう可能性が高まります。痛みが「ある」「ない」にかかわらず、正式な人工歯を装着するまで通院しましょう。

保険外治療参考料金

マイクロスコープを使用した治療は保険外治療となります。その際の参考料金はこちらです。どちらも消費税抜き表示です。

マイクロスコープ使用料 1回 20,000円
根管治療 1根管 30,000円
2根管 30,000+20,000=50,000円
3根管 30,000+20,000×2=70,000円
4根管 30,000+20,000×3=90,000円
ファイバーポストコア 1個 20,000円