妊娠中の歯科治療

マタニティ歯科について

妊娠するとホルモンのバランスが変化し、多くの妊婦さんが「つわり」を経験します。酸味が強い物ややわらかい物を好むようになるなどの食生活も変わることがほとんどです。そして妊娠される前までは想定しづらいようですが、身体が変化するだけでなく、口腔内の環境も変化します。

妊娠中は口腔内環境に注意

妊婦さんの体内では女性ホルモンが増加しますが、この女性ホルモンには細菌への抵抗力を抑制する働きがあります。また口腔内の自浄作用がある唾液の分泌量が低下するので、妊婦さんの口腔内は虫歯や歯周病などの感染症にかかりやすくなります。とくに妊娠性歯周炎には注意が必要です。

また「つわり」が起こると、歯ブラシを口に入れることすらできなくなることもあります。毎日の口腔ケアも不十分になりがちです。また少しずつしか食べられなくなる、酸味の強い物を好む、やわらかい物ばかり食べるといった変化が起き、虫歯や歯周病のリスクが高くなる方が増えるのです。

妊娠中に歯科治療を受けるタイミング

生まれてくる赤ちゃんのためにも妊婦さんの口腔内の健康は守らなければなりません。赤ちゃんが生まれた直後は、歯科医院に通う余裕がなかなか持てなくなりますので、タイミングを見計らっての歯科検診や治療をお勧めします。

歯科診療の受診時期について

妊娠安定期と呼ばれる妊娠中期(5~8ヶ月ごろ)でしたら、通常の歯科治療は問題なく受けられます。妊娠初期(1~4ヶ月ごろ)は「つわり」がひどい時期であるだけでなく、切迫流産のリスクもある時期ですので、治療はできるだけ避けることをお勧めします。また妊娠後期(9ヶ月~)はいつ陣痛が起きてもおかしくない時期ですので、なるべく治療は避けましょう。どの時期でも緊急を要する場合は、まずはご相談ください。その際も必ず妊娠中であることをお伝えください。

妊娠性歯周炎に要注意

妊娠中はさまざまな理由により口腔内のケアがしづらくなることはお話ししましたが、それにより妊娠性歯周炎にかかりやすくなります。この妊娠性歯周炎の細菌が血管内に入ると子宮の筋肉を収縮させてしまうことがあり、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。妊婦さんの健康だけでなく、お腹の赤ちゃんのためにもタイミングを見計らって歯科医院での口腔内のケアをしてもらいましょう。またご自宅でのケアも積極的に行ってください。

生まれてくるお子さまのために口腔内をきれいにしましょう

いろいろ大変な時期ではありますが、ちょっとした工夫の積み重ねで口腔衛生に努めることが大切です。

口をゆすぎましょう

飲食後はいつもブラッシングすることが理想ですが、難しいときは口をゆすぐだけでも虫歯や歯周病の予防効果が期待できます。殺菌作用のあるカテキンを含む緑茶の適度な飲用、またはお茶での口ゆすぎをお勧めします。

フッ素・キシリトールも効果的

甘味料のキシリトールには、歯の再石灰化を促し歯質を強化する効果のあるフッ素の働きを助ける作用があります。そのためフッ素とキシリトール製品を活用すると、口腔内のトラブルを効果的に予防できます。

生活習慣の見直しを

虫歯も歯周病も感染症ですので、身体の免疫力の低下により悪化してしまいます。免疫力を低下させないために、規則正しい生活をしたり、日光浴をしたり、楽しく散歩したりするなど生活習慣を見直して、できるだけストレスがかからないようにすることが大切です。

マタニティ歯科Q&A

妊娠中にレントゲン撮影しても大丈夫ですか?
妊娠初期のレントゲン撮影は避けたほうがいいでしょう。ただし、レントゲン撮影をせずにあいまいな治療を進めることもお勧めできません。歯科用のレントゲンの撮影時には防護用エプロンを着用しますし、直接赤ちゃんにX線が当たることはありませんのでリスクはほとんどありません。
歯の治療中に処方される薬は赤ちゃんに影響はありませんか?
妊娠中の薬の服用はできるだけ避けたほうがいいですが、適切に服用すれば問題はありません。基本的に妊娠中であっても服用できるような抗生物質や痛み止めを処方しますので、ご安心ください。
治療時の麻酔は赤ちゃんに影響しませんか?
歯の治療では局所麻酔を使用しますので、基本的にはお腹の赤ちゃんへの影響はありません。麻酔をせずに痛みをガマンして治療を受けることによるストレスが身体に影響を与えることがありますので、麻酔はうまく使用して治療を進めることをお勧めします。
妊娠してから口の中がネバネバする気がするのですが……?
「つわり」やホルモンバランスの変化によって口の中は唾液の分泌量が減ったり細菌が繁殖しやすくなったりすることがあります。口の中がネバつく、口臭がするなどの症状がある場合は妊娠性歯周炎の可能性があります。日ごろからできるだけ口腔内を清潔に保つようにして、妊娠安定期には一度診療にお越しください。