白岡の歯医者「ななえ・椛沢歯科医院」のインプラント治療

インプラント治療
Implant

  • HOME
  • インプラント治療

ご自身の歯のように咬めるようになるインプラント

「自分の歯のようにしっかり咬めるようになりたい」
「昔のように食事を思いきり楽しみたい」

ご自身の歯のように咬めるようになるインプラント

インプラント治療というと新しいイメージをお持ちの方が多いかもしれません。しかし、実はインプラントは50年以上の歴史があり、日進月歩で精度が高まっている歯科治療のひとつです。

インプラント治療とは、歯が合った箇所からチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製などの人工歯を被せる治療のことです。生態親和性が高いチタン製の人工歯根を埋め込むことでしっかりと固定され、しっかりと咬めるようになります。

歯の代わりとなるセラミック製の人工歯も見た目が自然で、機能面・審美面ともに良好なご自身のような歯がよみがえるのが特長で、入れ歯に変わる選択肢として近年選ばれる方が増えてきています。

インプラント治療のメリット、デメリット
Implant

メリット
  • 咬み合わせが安定します
  • 定期的なケアを行うことで長期間保つことができます
  • 失った歯が多くても改善可能です

美しさの面でも機能の面でも違和感が少なく、天然歯に近づけることができます

デメリット
  • 治療の期間が比較的長めです
  • 外科手術が必要です
  • 費用がほかの治療に比べて高価となります
  • 機能性を保つためには定期的なメンテナンスが必要です
  • 家庭でのセルフケアも欠かせません

ななえ・椛沢歯科医院のインプラント治療

ななえ・椛沢歯科医院のインプラント治療

どんな手術においても、リスクがゼロとは言い切れません。インプラント埋入手術も外科手術のひとつですので、考えられるさまざまリスク(神経に触れ麻痺を起こす、血管を損傷するなど)を一つひとつ回避する必要があります。トラブルを避けるために重要なのは安全なインプラントの埋入場所を正確に決め、その部分に正しい角度と深さで埋めることです。

当院ではインプラント埋入手術の安全性を高め、比較的短時間で行うことができるサージカルガイドを採用しています。

サージカルガイド
Implant

サージカルガイド

サージカルガイドは、インプラント埋入手術をより安全に行うためのマウストレーのような医療補助器具のことです。患者さま一人ひとりの口腔内の状態に合わせて歯科用CTのデータをもとに設計・作製します。

サージカルガイド

サージカルガイドを使用することで、インプラントを埋入する位置とその角度を正確に再現でき、そのうえドリルのブレを防ぐことができます。安全でスムーズな手術が可能となりますので、症例によっては10分程度でインプラント埋入手術が完了することもあるほどです。

顎の骨が少ない場合の処置

安全にインプラントを埋入するためにはある程度の骨の密度と厚さが必要となります。あごの骨が足りない場合は、インプラントを支えることができるように骨補填(こつほてん)治療などを行うことがあります。その処置法は増やす骨の量や場所によって異なります。

ソケットリフト
Implant

ソケットリフト

上顎の奥歯部分の上には、上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる空洞があります。この部分の骨の厚みが不足している場合に行うのがソケットリフトです。インプラントを埋入するための穴を利用して上顎洞を覆う膜を持ち上げ、骨補填剤などを注入し骨の厚みを確保したあと、インプラントを埋め込みます。

サイナスリフト
Implant

  • サイナスリフト
  • サイナスリフト

ソケットリフトでは上顎洞を覆う膜を持ち上げますが、サイナスリフトではその歯肉を切開して底部を持ち上げ、できた空間に骨補填材を注入します。増やしたい骨の量が多い場合は、インプラント埋入前に行い、少なめの場合は埋入と同時に行います。

GBR法
Implant

  • GBR法
  • GBR法

あごの骨の不足部分に粉砕した自家骨(自分の骨の一部)もしくは骨補填剤を置き、その上にメンブレンという人工膜を入れて、骨の再生を促進させます。増やす骨の量が多い場合はインプラント埋入前に、さほど多くない場合はインプラントの埋入手術と同時に行います。

当院の取り扱いインプラントシステム「ZIMMER BIOMET」
Implant

当院の取り扱いインプラントシステム「ZIMMER BIOMET」

Implant Innovations社はアメリカでのシェアNo.1(2004年度)を誇るインプラントメーカーです。同社が開発した「ZIMMER BIOMET」は、「オッセオタイト」という特殊な表面加工を施されており、他社の一般的なインプラントより比較的早く骨の形成を促すことができます。臨床の統計データにより、治療の高い成功率が証明されており、1999年には「骨が不良な部位における治癒実績を改善した唯一のインプラント」としてFDA(米国食品医薬品局)に認められています。

症例紹介
Implant

症例1
  • 症例1 術前
    術前
  • 症例1 術後
    術後
  • 症例1 左下術前
    左下術前
  • 症例1 左下術後
    左下術後
  • 症例1 右下術前
    右下術前
  • 症例1 右下術後
    右下術後
治療内容 初診時は下顎左右ともブリッジでしたが、被せ物の形がセルフケアには難しい形となっている事と、左下5番の失活歯(神経の無い歯)と右下7番の失活歯を過重負担による歯根破折から守るために、歯のないところへのインプラント埋入をご検討いただき、治療となりました。
治療期間 インプラント治療に関しては、約7ヶ月
治療費用 保険適応
リスク・副作用 インプラント埋入手術 440,000円×2本分(術前のCT撮影、診断用模型、サージカルガイド作製 含む)
2次手術の時にオプションの歯肉移植手術 110,000円×2箇所
上部構造 110,000円×2本分

料金表
Implant

インプラント治療+上部構造
(e-max)
440,000円~(1本)

保険外治療参考料金(税込表示となります)

to top